ソーセージとウインナーは違う?

豆知識

皆さんはソーセージとウインナーの違いをご存知ですか?

多くの人が、同じ意味で使っているんじゃないかと思います。

今回はその違いについて簡単に解説してみます。

ソーセージとは?

ソーセージとは、

味付けや熟成させたミンチ肉を、牛や豚、羊の腸に詰めて、加熱処理したもの

です。このミンチ肉には豚肉が使われることが多いですね。

加熱処理時には、スモークしたり、さらに熟成させたりして風味が引き出されます。

ちなみにミンチ肉ではなく「かたまり肉」を使って作られたものは、

「ハム」や「ベーコン」となります。

このあたりの違いもややこしいですが、要は、どんなお肉を使ってどう作られるかによって名前が違ってくるんですね。

食肉製品

ハム・・・味付けや熟成させたかたまり肉を、ボイルで加熱処理

ベーコン・・・味付けや熟成したかたまり肉を、乾燥による加熱処理

ソーセージ・・・味付けや熟成させたミンチ肉を、ボイルで加熱処理

食品衛生法という法律のよると、ソーセージは、

「加熱食肉製品」という分類になります。加熱処理しているので、調理時に加熱をしなくてもそのまま食べることができます。

そして「牛や豚、羊の腸」といった、ソーセージを作る際にミンチ肉を詰める筒状のものを

「ケーシング」と言います。


ウインナーとは?

では、ウインナーとは何なのでしょうか?

先ほどのハムやベーコンの違いの中には出てきませんでしたね。

実は、

「ウインナーはソーセージの中の一つ」

なんです。

その理由は、「ケーシング」にあります。

ケーシングには、「天然ケーシング」と「人工ケーシング」の2種類があります。

ケーシング

天然ケーシング・・・牛や豚、羊の腸といった家畜の腸を加工したもの

人工ケーシング・・・可食タイプと非可食タイプに分けられる

このようにいろんなケーシングがある中で、どのケーシングを使うかによってソーセージは種類が分かれます。

ソーセージ

牛の腸、または人工ケーシングの太さ36mm以上 ⇒ ボロニアソーセージ

豚の腸、または人工ケーシングの太さ20~36mm未満 ⇒ フランクフルトソーセージ

羊の腸、または人工ケーシングの太さ20mm未満 ⇒ ウインナーソーセージ

といった感じです。

やっとでてきましたね、ウインナーという文字が。

つまりウインナーとは、

豚腸のケーシング、または20~36mm未満の人工ケーシングを使用したソーセージ

というわけです。

「ウインナーソーセージ」と呼んだりもしますね。

サルシッチャとの違いは?

ところで、「サルシッチャ」という食べものをご存じでしょう?

サルシッチャとはイタリア語で、

食材を腸詰めしたもの

という意味です。本場はイタリアです。

この写真のように、うずまき状になっているのが多いですね。

「腸詰め」ということで、ソーセージと同じ意味で使われることも多いですが、正確には違いがあります。

ソーセージは、「ミンチ肉を腸詰めし、加熱処理したもの」でした。

サルシッチャは、「食材を腸詰めしたもの」のなります。

こう書くとサルシッチャの方はなかなかざっくりとしていますね…。

当然、調理による加熱が必要ですが、本場のイタリアでは生で食べることも珍しくないとか。

同じような見た目で腸詰めという特殊な作り方が共通していて、これもまたややこしいところかと思い、ソーセージの記事の中で取り上げてみることにしました。

まとめ

では簡単にまとめてみましょう。

  • ソーセージは、「味付けや熟成させたミンチ肉を、牛や豚、羊の腸に詰めて、加熱処理したもの」
  • ミンチ肉を詰めるものは、家畜の腸を加工した「天然ケーシング」と「人工ケーシング」に分けられる。
  • 羊腸のケーシング、または、太さ20mm未満の人工ケーシングで作られたソーセージを、「ウインナー」または「ウインナーソーセージ」と呼ぶ。
  • サルシッチャは「食材を腸詰めしたもの」で、見た目や作り方がソーセージとよく似ている。

以上、ソーセージとウインナーの違いについての解説でした。

最後まで、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました